最新情報

最新情報NEWS & TOPICS

メンテナンス効率を上げるには類似プログラムを統一!類似アプリケーション群を統一したい:DCR X-Analysis News<083>

株式会社第一コンピュータリソース

2020.12.16

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
メンテナンス効率を上げるには類似プログラムを統一!
類似アプリケーション群を統一したい ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

◆◇◆ DCR X-Analysis News ◆◇◆

はじめに、新型コロナウィルスに罹患された皆様、感染拡大により様々な影響を受けている皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

*-----------------------------------------------------------------------------*

★★★『 UOS Digital Fair 2020 』にて講演決定!!★★★

開発・運用ツール 【No. KU-5】
IBM iユーザーの3大課題を解消!国内外で5,000社以上の導入実績、可視化・分析ツールX-Analysis Advisor
DX 【No. DX-3】
2025年の崖!今こそ考えるレガシーマイグレーション

《申込みサイト》
http://uos.jp/fair2020/

<UOS Digital Fair 2020> 開催概要

名称 UOS Digital Fair 2020
主催 ユーオス・グループ
特別協力 日本アイ・ビー・エム株式会社
協賛 全国愛徳会、ビジネス・アライアンス・コンソーシアム
日程 2020年11月20日(金) *開催後、1か月間オンデマンド配信いたします
開催形態 Web配信型式
セッション数 70セッション
特別講演 北海道大学 大学院経済学研究院 教授 平本 健太 氏
九州大学 大学院システム情報科学研究院 教授 池上 浩 氏
基調講演 北日本アイ・ビー・エム株式会社 アソシエイト・パートナー 石悦 寛 氏
日本アイ・ビー・エム株式会社 シニア・アーキテクト 安田 智有 氏

*-----------------------------------------------------------------------------*

早いもので本年も残すところ、あとわずかとなりました。
皆様には1年間「DCR X-Analysis News」をご購読賜り、厚くお礼申し上げます。
年内は本号が最後となり、新年号は1月6日(84号)となります。

「IBM iシステムのモダナイズ」または「IBM iシステムのオープン化」を検討されている皆様に、参考となるバックナンバーを再構成して紹介させて頂きます。
今回のテーマは、「メンテナンス効率を上げるには類似プログラムを統一!」をお送りさせて頂きます。

■類似アプリケーションの発生に関する課題
システム開発においては、既存のプログラムソースをコピーし、それを改造して新しいプログラムを作ることは珍しくありません。しかし、これを長年続けているとソースコード上は冗長したロジックが多数存在することになり、メンテナンスの非効率性を生みます。
ソースコードレベルで類似プログラムを洗い出すとなると、現実的ではない手間と労力がかかることになります。

■類似アプリケーションの統合が困難な理由を整理すると、以下に集約されると考えます。

〇ソースコードをコピーして新たなソースコードを作成し別プログラムとして業務プログラムとすることは、往々にして実施されることです。
これは、工数削減にも繋がる為によく行われることですが、ここには将来を見据えた「IBM iシステムのモダナイズ」や「IBM iシステムのオープン化」を阻む、以下の課題が発生します。

  • ①ソースコード同士をN:Nでコンペアをかけても莫大なパターンとなる。
  • ②ソースコードのコンペア結果を人が全て見て、類似を判断しなければならない。
  • ③ソースコードのコンペア以外の方法が思いつかない。

〇DCR プロフェッショナルサービスによる解決策
DCRでは、プロフェッショナルサービスの一環として、X-Analysisの応用及びリポジトリを使用した「類似プログラムの抽出サービス」を実施しております。このサービスはお客様の状況により、準備及び調査にかかる工数が変わるため、都度見積となります。

<システムコンペアサービス>
X-Analysisの応用としてX-Analysisの解析機能及び、使用するリポジトリテーブルとオリジナル加工ツールを応用してレポートいたします。
これは、X-Analysisの解析機能である、メトリクス解析機能を使用して、プログラムの複雑度、情報量を応用した類似解析を行うもので、以下にその抽出される類似性の例を挙げます。

  • ①ルーティン構成の一部に相違があり、他は一致している。
    ルーティンレベルで追加、変更を行っているが、それ以外は一致しているので、一致箇所は外部ルーティン化して共通化できる可能性がある。
  • ②ルーティンの一部にメトリクス値の違いがあり、他は一致している。
    同じ名前のルーティンだが、コードレベルで変更されているため、それ以外を外部ルーティン化して共通化できる可能性がある。

〇「類似アプリケーションの調査サービス」におけるX-Analysisの使用するリポジトリテーブルとそのリポジトリテーブルを応用した開発ツールの例

<リポジトリテーブル>
プログラムのルーティン構成とルーティン毎のソースステップ数、メトリクス値が格納されています。これら全てが合致していた場合、同一プログラムソースと判断でき、同一ルーティンと相違ルーティンがプログラム全体の類似性を抽出します。

<調査用データ抽出・加工ツール>
上記のリポジトリテーブルを用いた調査ツールはお客様の要件に合わせて開発を行い、調査結果とともに納品いたします。(Java実行形式、SQLテキスト等)

https://www.dcr.co.jp/x-analysis/solution03.htm?lfpeid=testParam&lfmaid=1000073133

■お客様のサービス導入効果事例

  • 目的:冗長化したシステムの類似資産棚卸と最適化を実施
  • 対象:全てのプログラムリソース
  • 規模:約1万3千 プログラムオブジェクト
  • 効果:限られた期間(2ヶ月間)で棚卸を完了。今まで不可能だった類似プログラム資産のスリム化を実現

■IBM i 専用ソリューション『可視化・分析ツールX-Analysis』の
リモートセミナー(Zoom使用)実機を使用して実施中。
ご都合の良い日時をこちらまでご連絡下さい。

Mail : X-Analysis-info@dcr.co.jp

■次回予告

次回(2021/1/6号)は「汎用機からマイグレーションされたCOBOLの課題!」をお送りいたします。

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
お待たせしました。X-Analysisクライアントが日本語表記対応されました。
より使いやすくなったX-Analysisを是非ご検討ください。
詳しくはこちらまでお問い合わせください。
https://www.dcr.co.jp/x-analysis/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

PAGE TOP
システムソリューション
プロダクトソリューション
グローバルソリューション
企業情報
採用情報