Oracle Reports
Migration Service

Oracle Reportsで構築された帳票を
他のレポートツールに自動変換!

ご存知ですか?
Oracle Reportsは、現在のリリースで開発終了・
2023年にはサポート終了
予定です。

Oracle Reports
Migration Service とは

Oracle Reportsは現在のリリース(Oracle Reports 12c)が最終リリースとなり、
2023年にはサポート終了を予定しています。
構築した帳票を継続して使っていただくために、他のレポートツールへの移行をおすすめしております。

弊社ではマイグレーションサービスの一部として、弊社独自の帳票コンバーターを利用することにより、
Oracle Reportsで構築された帳票を他のレポートツールに自動変換することが出来ます。
変換された帳票は100%完全な状態ではありませんので、変換後は一部手直しをしてから
現行帳票との比較テストを実施し、現行帳票と新帳票が一致した状態に仕上げます。

  1. 変換前:Oracle Reports
    Oracle

  2. 独自の帳票コンバーター

    新環境の設計書とプログラムソースを自動生成・変換。
    これにより開発期間とコストを圧縮。
  3. 変換後:SVF / RapidReport

マイグレーション実績、
その数100件以上!

豊富な実績と蓄積されたノウハウが安心のマイグレーションを実現。
独自コンバーターで低価格にオープン系の帳票にマイグレーションします。

変換可能なレポートツール

現状変換が可能なレポートツールは、以下となります。

  • SVF (Super Visual Formade)

    SVFはウイングアーク1st株式会社様の製品となります。

  • RapidReport

    RapidReportは株式会社システムベース様の製品となります。

お問合せお待ちしております

WEBでのお問合せ

Oracle Reportsの帳票マイグレーションの詳細につきましては、弊社営業担当までご連絡ください。

お問合せ
DCRのサービスをさらに詳しく
マイグレーションの詳細を見る バージョンアップの詳細を見る