X-Analysis

製品概要PRODUCT SUMMARY

製品セットの役割

1.X-Analysis Professional

ECLIPSE プラグインによるインタラクティブ解析環境の提供(Rational製品上でも稼働)
オブジェクトレベルから変数レベルまでのクロスレファレンス解析(強力な影響分析機能)
オブジェクトの呼び出し関係やプログラムロジック、データフローなどの各種アプリケーション構造の分析とチャート化
他多数のアプリケーションメンテナンス、モダナイズに必要な分析機能を装備

2.X-Audit

解析リポジトリの比較機能
プログラム複雑度(メンテナンス難易度)の解析と時系列グラフ化(アプリケーション品質管理)
問題分析(ソースとオブジェクトの矛盾、不要リソースの抽出など)

3.X-Rules

プログラムソースからのビジネスルールの生成
ビジネスルールのファイルフィールドマッピング(区分情報の抽出など)
同じビジネスルールを持つプログラムソースの抽出

4.X-DATATEST

テストケース管理
実データに対する複数ファイルのキーアンマッチ情報抽出
移行前後のリソースの実行結果比較
テストデータ作成支援

製品動作環境

サーバ
(IBM i(旧System i,AS/400))
・OS/400V6R1以上(V5R3のお客様は別途ご相談ください)
・ディスク容量:約1.2GB以上
クライアント ・WINDOWS 7、10
・ディスク容量:約1.2GB以上
・256MB RAM以上
・TCP/IPによる接続
・Microsoft Office と VISIO 2007以降
・もしくはOPEN OFFICE
クライアント
・サーバ接続
・JTOpenを使用します。(データ・アクセスのためJava用ツールボックス)
・次のポートが使用可能でなければなりません。
  Port 8471 (JDBC データベース要求用)
  Port 8475 (コマンド呼び出し用)
  Port 8476 (サインオン用)
PAGE TOP
システムソリューション
プロダクトソリューション
グローバルソリューション
企業情報
採用情報